さえずりから鳥の種類を判別するアプリ登場

日常生活や旅先でも自然と耳に入ってくる鳥の声。聞いてやり過ごすこともできるが、声の主が気になることもある。英デイリー・メール紙によると、そんなときに役立つアプリ「Warblr(ワーブラー)」が12日にリリースされたとのこと。

ユーザーが携帯端末で鳥の声を録音すると、声の主と思われる鳥がリストアップされ、画面に出てくるという。それぞれの鳥に関する情報も知ることができるので、鳥図鑑を持ち歩いているようなイメージだ。200種類以上の鳥の声を判別してくれるが、気になる的中率は販売関係者によると95%という。

ロンドン大学のクイーン・メアリー校が出資し、2人の科学者によって開発されたこのアプリの価格は3.99ポンド(約754円)。英国では現在、年間500万人もの人がバードウォッチングに出かけるともいわれており、山や森など自然を楽しむ多くの人々にも親しまれるのでは、と販売サイドの期待は大きいようだ。

現在はiPhoneのみの対応だが、近々Android版も開発されるという。

※1ポンド=189円(8月25日時点)

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

中野 宏美

早稲田大学卒。フリー編集ライター。おもに国内外のライフスタイル誌を中心に活躍中。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る