さえずりから鳥の種類を判別するアプリ登場

日常生活や旅先でも自然と耳に入ってくる鳥の声。聞いてやり過ごすこともできるが、声の主が気になることもある。英デイリー・メール紙によると、そんなときに役立つアプリ「Warblr(ワーブラー)」が12日にリリースされたとのこと。

ユーザーが携帯端末で鳥の声を録音すると、声の主と思われる鳥がリストアップされ、画面に出てくるという。それぞれの鳥に関する情報も知ることができるので、鳥図鑑を持ち歩いているようなイメージだ。200種類以上の鳥の声を判別してくれるが、気になる的中率は販売関係者によると95%という。

ロンドン大学のクイーン・メアリー校が出資し、2人の科学者によって開発されたこのアプリの価格は3.99ポンド(約754円)。英国では現在、年間500万人もの人がバードウォッチングに出かけるともいわれており、山や森など自然を楽しむ多くの人々にも親しまれるのでは、と販売サイドの期待は大きいようだ。

現在はiPhoneのみの対応だが、近々Android版も開発されるという。

※1ポンド=189円(8月25日時点)

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

中野 宏美

早稲田大学卒。フリー編集ライター。おもに国内外のライフスタイル誌を中心に活躍中。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る