オリンピックに向け、サイバーセキュリティー―対応組織設立

オリンピックに向け、サイバーセキュリティー―対応組織設立

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功にはサイバーセキュリティーの確保は極めて重要であり、政府配下のサイバーセキュリティワーキングチームにて体制に関する検討会を設置し、サイバー攻撃対応組織オリンピック・パラリンピックCSIRT(シーサート)についての議論を進めている」と述べた。

開始時期については検討中としたものの、「2019年のラグビーワールドカップまでには整えたい」と語った。

テロ対策やサイバーセキュリティー対策については、安倍首相を議長とする「オリパラ閣僚会議」配下のセキュリティ幹事会に「テロ対策ワーキングチーム」および「サイバーセキュリティワーキングチーム」が設置される。両チームとも警察庁や防衛省、各省庁と連携し、テロ対策では入国審査や通関審査などの強化、NBC(核・生物・化学物質)テロ対策の具体化を検討、サイバーセキュリティーでは政府機関の防衛施策等を検討する。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


新城 元

投稿者プロフィール

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. アウディが世界初、自動運転車2017年に市販化
    最先端分野の一つ「自動走行システム」は、内閣府による「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」…
  2. ベトナム・ハノイ 小学校での日本語教育の試験導入に向けて
    ベトナムの5つの小学校で、3年生への第一外国語として日本語教育が15日に始まった。在ベトナム日本国大…
  3. ドイツ鉄道が新型ICE4を公開 「安定感」「快適さ」をアピール
    ドイツ鉄道は高速特急ICEの次世代モデル、ICE4を公開した。旧型のICE3に比べて最高時速が落ちる…

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る