シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る

千葉市の幕張メッセで4日から開催されていた総合展「シーテックジャパン2016」が今日7日、閉幕する。「シーテックジャパン」は国内最大の家電見本市として知られてきたが、今年から、IoT(モノのインターネット)の総合展へとテーマを一新した。会場では、家電や自動車などをインターネットでつなぐIoTをはじめとし、新型ドローンや人工知能(AI)を搭載したロボットなど最先端技術が展示され、多くの人で賑わいを見せていた。

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る
会場は多くの人で賑わっていた

会場で目を引いたのはベンチャー企業による新技術を使ったユニークな製品だ。
多くの人の注目を集めていたものの1つが、洗濯物を自動で折り畳んで仕分ける家電「ランドロイド1」。ベンチャー企業のセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京都港区)が開発を手掛けた次世代型のロボット家電だ。洗濯物の種類を認識する「画像解析技術」と折りたたむための「ロボティクス」に、AIを融合することで全自動化を実現した。同社は来年3月から「ランドロイド1」の予約受付を開始する。

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る
全自動洗濯物折りたたみ機「ランドロイド」のブースには人だかり

また、自動車メーカー大手のホンダは、オーダーメードデザインに対応した超小型電気自動車(EV)「マイクロコミューター豊島屋モデル」を展示。ホンダの超小型EV「MC-β」をベース車両とし、ボディはプロダクトデザインを手掛けるカブクが3Dプリンターで製作した。

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る
自動車のボディは3Dプリンターで製作

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る
鳩サブレーの豊島屋に向けた超小型EV

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る
最新型のドローン

シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る