ビッグデータでタクシー利便化 トヨタ・KDDIが実証実験

トヨタ自動車、都内のタクシーからビッグデータ収集

トヨタ自動車とKDDIは25日、東京ハイヤー・タクシー協会と共同で東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験を開始したと発表した。ビッグデータの収集により技術検討し、通信によって利用客の利便性向上や運転手のサポートをする「つながるタクシー」実現を目指す。

実証実験では、東京都内のタクシー500台に搭載した通信型のドライブレコーダーから、KDDIのLTE回線を通じてリアルタイムにデータを収集する。収集したデータは「走行画像」や「車両データ」などのビッグデータとして蓄積。これを解析することで車線ごとの混雑状況や障害物の有無を含むダイナミックマップを生成する技術を検討。さらに「つながるタクシー」実現に必要な通信インフラの要件を明確にする。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る