北海道大学、産学連携で人工知能を活用した物流予測研究を開始

北海道大学は9日、同大学調和系工学研究室とPALとAI TOKYO LABの3者での産学連携プロジェクト開始を発表した。今後、物流センターの物流予測やそれに伴う人員シフト調整などを、人工知能(AI)を活用して最適化するシステムを共同で開発する。

人工知能を活用することで、物流センター内のデータだけでなく、景況感や天候等の外部データを掛け合わせ、総合的に物流量を予測することが可能となる。これにより、最適なスタッフのシフトを自動で調整できることを目指す。

また並行して、雇用形態の異なるスタッフのパフォーマンスやパーソナリティを加味し、人を理解した人員配置を人工知能によって実現し、総合的な生産性向上を目指す。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る