北海道大学、産学連携で人工知能を活用した物流予測研究を開始

北海道大学は9日、同大学調和系工学研究室とPALとAI TOKYO LABの3者での産学連携プロジェクト開始を発表した。今後、物流センターの物流予測やそれに伴う人員シフト調整などを、人工知能(AI)を活用して最適化するシステムを共同で開発する。

人工知能を活用することで、物流センター内のデータだけでなく、景況感や天候等の外部データを掛け合わせ、総合的に物流量を予測することが可能となる。これにより、最適なスタッフのシフトを自動で調整できることを目指す。

また並行して、雇用形態の異なるスタッフのパフォーマンスやパーソナリティを加味し、人を理解した人員配置を人工知能によって実現し、総合的な生産性向上を目指す。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る