北海道大学、産学連携で人工知能を活用した物流予測研究を開始

北海道大学は9日、同大学調和系工学研究室とPALとAI TOKYO LABの3者での産学連携プロジェクト開始を発表した。今後、物流センターの物流予測やそれに伴う人員シフト調整などを、人工知能(AI)を活用して最適化するシステムを共同で開発する。

人工知能を活用することで、物流センター内のデータだけでなく、景況感や天候等の外部データを掛け合わせ、総合的に物流量を予測することが可能となる。これにより、最適なスタッフのシフトを自動で調整できることを目指す。

また並行して、雇用形態の異なるスタッフのパフォーマンスやパーソナリティを加味し、人を理解した人員配置を人工知能によって実現し、総合的な生産性向上を目指す。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. iPhone大国日本
    アウンコンサルティングは17日、スマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果…
  2. 第15回聞き書き甲子園フォーラム開催 “名人”の人生写し取る 高校生の「聞き書き甲子園」
    高校生が、森、川、海と関わるさまざまな職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をして、知恵や技術、…
  3. 米株式週報 利上げと原油安により大幅下落
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 3月20~24日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る