医療費適正化へ 東大とJAST、共同でビッグデータ研究

東京大学が医療ビッグデータを活用した医療行動解析の共同研究を開始

東京大学と日本システム技術(JAST)は、医療ビッグデータを活用した共同研究を開始した。JASTが蓄積している100万人分の診療報酬明細書と調剤報酬明細書(レセプトデータ)を、東大大学院の田倉智之特任教授の研究グループの協力で解析し、医療費が増加する要因の解明を目指す。なお、レセプトデータからは個人情報に該当する部分は取り除かれ、保険者から承諾を得た後に研究用データとして活用される。

まず第1段階として、透析治療のための公的助成制度を使って経済負担の軽減や生活指導の介入を受けたときに、保険者が病院で受診行動をどのように変えるか、また診療全体の構造がどのように変わるかなどを解析する。得られた知見はシステム開発などに生かし、保険者やヘルスケア関連企業への提供を通じて、医療費適正化の促進をはかる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る