囲碁AI「DeepZenGo」、女流本因坊に勝利

囲碁AIのDeepZenGo、女流本因坊に勝利

囲碁の第3回日中竜王戦のエキシビジョンマッチとして、藤沢里菜女流本因坊(三段)と人工知能(AI)囲碁ソフト「DeepZenGo(ディープゼンゴ)」との対局が4月29日、都内のイベントホールで開かれ、DeepZenGoが勝利した。

藤沢女流本因坊は「DeepZenGoが強いのは知ってたが、あまり意識せずに精一杯頑張った。足早に打たれ、序盤で苦しくしてチャンスはなかった」とコメントした。

日中竜王戦は、日中両国で開催されている公式テレビ囲碁棋戦「竜星戦」と「中国竜星戦」の優勝者同士の対決。今回は竜星の一力遼七段と、中国竜星の芈昱廷ミ・ユティン九段が対決し、芈中国竜星が勝利した。エキシビジョンマッチはそれに先立ち行われた。

DeepZenGoの開発チーム代表の加藤氏は「一力さんと戦った電聖戦よりバージョンが上がり、負けにくくなっている。出場予定である夢百合戦(国際囲碁連盟・中国棋院主催の世界囲碁オープン戦)の1回戦、2回戦をクリアできればもっと強くなるので、優勝できると予想している」とその強さを語った。

画像提供:日本棋院

参考記事
第5回電聖戦、囲碁AIがプロ棋士に勝利(2017/03/28)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る