将棋電王戦でAIと戦うプロ棋士が佐藤天彦九段に決定

情報処理学会、コンピューター将棋プロジェクトの終了宣言

将棋ソフトとプロ棋士が対戦する「第2期電王戦」に向け、代表棋士を選出する「第2期叡王戦」決戦三番勝負の第2局が11日に行われた。佐藤天彦九段(28)が千田翔太五段(22)に2連勝し、優勝を決めた。佐藤九段は、2017年春開催の電王戦で人工知能(AI)と対戦することになる。

叡王戦は現役プロ棋士のエントリー制で、段位別予選と本戦とを戦って優勝棋士を決めた。来春の電王戦で佐藤九段の相手となるソフトは、10月に開かれた将棋ソフト同士の対決「第4回将棋電王トーナメント」で優勝した「PONANZA(ポナンザ)」。PONANZAは、今春の「第1期電王戦」で「第1期叡王戦」優勝者の山崎隆之八段と二番勝負で対戦し、2局とも勝利している。

参考記事
将棋電王トーナメントでPONANZAが2連覇、プロ棋士と対決へ(2016/10/12)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る