採用担当者はAI ソフトバンクが「Watson」を活用

採用担当はAI ソフトバンク

ソフトバンクは29日、新卒採用選考のエントリーシート評価にIBMの人工知能「ワトソン(Watson)」を活用すると発表した。応募者をより客観的かつ適正に評価することが導入の主な目的という。同社によると、Watsonの活用により人事担当者がエントリーシートの確認作業にかける時間を75%程度軽減できると見込んでいる。創出された時間を応募者との対面でのコミュニケーションに充てる予定。

具体的な活用方法は、過去のデータを学習させたWatsonに応募者のエントリーシートデータを読み込ませる。するとWatsonの能力の一つである自然言語分類(NLC、Natural Language Classifier)により、エントリーシートの内容が認識され、項目ごとに評価が提示されるというもの。合格基準を満たす評価が提示された項目については選考通過とし、それ以外の項目については人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行う。同社は、Watsonを活用した評価により、エントリーシート選考の合否判断において統一された評価軸でのより公平な選考を目指すとしている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る