日立とホンダ、電動車両用モーター開発・製造で合弁会社設立へ

日立とホンダ、電動車両用モーター開発・製造で合弁会社設立へ

日立製作所は7日、子会社である日立オートモティブシステムズ(東京都千代田区)とホンダとの間で、合弁会社設立に向けた基本合意を締結した。新会社は、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車両に利用するモーターの開発・製造・販売事業を担う。7月、茨城県ひたちなか市に設立する予定。資本金は50億円で日立オートモティブシステムズが51%を出資する。

日立オートモティブシステムズは、1999年から電動車両用モーターを市場投入しており、小型・軽量化や高出力化などの技術では国内外の自動車メーカーに納入実績がある。一方ホンダは、ハイブリッド車「INSIGHT(インサイト)」などの電動車両を1999年に市場投入しており、モーターを自社開発してきた。今後、世界的な電動車両市場拡大を見据え、中核となるモーターを自社と新会社の両方から供給を受ける方向に舵を切る。

新会社は、アメリカや中国にモーター製造・販売をする子会社の設立も計画している。新会社はホンダを含めた自動車メーカー各社の需要に応え、モーターの供給拡大を目指す。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


新城 元

投稿者プロフィール

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 異業種で日本の魅力発信! 第1回クールジャパン・フォーラム開催
    クールジャパン官民連携プラットフォームは16日、第1回クールジャパン・マッチングフォーラムを虎ノ門ヒ…
  2. 放射性廃棄物の資源利用へ挑戦 理研
    理化学研究所(理研)の王赫(ワンへ)国際特別研究員らは、重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(…
  3. 都市鉱山から東京オリンピックのメダルを 都庁で回収スタート
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメダルを「都市鉱山」から制作するため、不要になった携帯…

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る