毛髪表面の状態が音楽になる 摩擦感知技術を開発

毛髪の表面の状態が音楽になる 毛髪表面の摩擦感知技術を開発

音楽制作や音響デザインのプロデュースを行う井出音研究所は8日、化粧品メーカーの日本ロレアルと共同で、髪の毛の状態を音楽に変換するアルゴリズムを開発したと発表した。この研究は、第29回国際化粧品技術者大会(The 29th IFSCC Congress)で最も優れた基礎研究に与えられる「IFSCC基礎研究賞」を受賞した。

髪の毛が健康かダメージを受けているかは、髪の表面構造に現れるという。研究チームは、毛髪表面の摩擦のわずかな変化を高感度センサーで感知して、リアルタイムで音楽に変換するアルゴリズム「soniphy」を開発。ダメージが多い髪では摩擦が大きくなり、ダメージが少なければ摩擦は小さくなることを利用して、髪の表面をなぞりながら検出された摩擦の度合いによって音の高さや音色、アレンジに変換して音楽にするというもの。

同研究所はこれまでも、脳血流や人の体の中の分子の動きを音に変換する技術を開発。脳血流からの変換技術は、病気等によって感情表現が難しい患者の支援法などで研究が進められており、体内分子から変換した音楽は病院のロビーに流されるなどして活用されているという。

化粧品など、メーカーの商品を使ったことによって自分の状態がどう変化したか、消費者がより明確に体験できるようにする手法は、近年重要視されているという。

冒頭の写真は、日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター プレスリリースより
http://elphonic.com/Release201703/

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

藤井 景子

趣味は、これまでにやったことのないフィールドに挑戦することで、記事書きもその一つ。自然と日本食をこよなく愛する。最近の楽しみはベジカフェ巡り。「どんな分野の方が読んでも分かりやすい記事」をモットーにお送りします。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る