理研、東芝・NEC・富士通とAI研究センターを設置

理研、東芝・NEC・富士通とAI研究センターを設置

理化学研究所(理研)は10日、東芝・NEC・富士通と連携して人工知能(AI)関連技術の開発を進める「革新知能統合研究センター(理研AIP)」を4月1日に開設すると発表した。

理研AIPのAI分野の先端技術の知見と、メーカー各社が保有するビッグデータをベースにしたAI関連技術の開発経験を融合して社会課題解決策の研究および実装、基盤技術開発を推進し、AI関連技術のイノベーション創出を目指す。各社との連携センターは、日本橋にある理研AIP内に設置し、連携期間は2022年3月末までの5年間。

連携内容は、東芝とはAI技術を活用し、大規模工場や発電所などのプラント生産性向上を目的とした「プラントの自律操業」の実現、ロボットやモビリティの自律判断や動作技術の研究開発などを行う。NECとは、事故や事件などの非常時の意思決定や、過去のデータがなく未知な状況における仮説生成や論理推論を行い、人の意思決定をサポートするAI技術の研究開発などを行う予定。

理研AIPは、文科省が推進する「人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト」事業の研究開発拠点として2016年4月に設置、革新的なAI技術開発および応用を推進している。同時にAI技術の普及に伴って生じる倫理や法律、社会的問題に関する研究や人材育成も行っている。

画像提供:理研

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る