駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験 

駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験

東京メトロとログバーは13日と18日、銀座駅と明治神宮前〈原宿〉駅で、ログバーが開発した小型音声翻訳機「ili(イリー)」を使った外国人旅行者への乗り場案内の実験を行う。

iliは、旅行で使う会話に特化した片手で持てる小型の音声翻訳機で、インターネットに接続することなく使用できるのが特徴。言語は 英語・中国語から日本語、日本語から英語・中国語への音声翻訳が可能だ。本体中央にあるボタンを押しながらマイクに話す声を入れ、話し終わってからボタンから手を離すと翻訳された音声が流れる仕組み。

実験では、旅客案内所や駅改札窓口で外国人旅行客からの質問を翻訳したり、それに対する係員の回答を翻訳し、iliの有効性を検証する。

駅での実証実験は、以下の日時と場所で行われる予定。
3月13日(月) 銀座駅 旅客案内所
3月18日(土) 明治神宮前〈原宿〉駅 副都心線改札口
*両日ともに時間帯は10:00~12:00

駅窓口での訪日外国人案内に小型翻訳機「ili」 銀座駅などで実証実験 

参考記事
どこでも翻訳できるウエアラブルデバイス CES 2016で発表(2016/01/11)

画像提供:東京メトロ・ログバー
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

藤井 景子

趣味は、これまでにやったことのないフィールドに挑戦することで、記事書きもその一つ。自然と日本食をこよなく愛する。最近の楽しみはベジカフェ巡り。「どんな分野の方が読んでも分かりやすい記事」をモットーにお送りします。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る