AIで運転手の集中力判定、オムロンが車載センサー開発

オムロンが最先端の人工知能(AI)技術を利用して、ドライバーの運転に対する集中度を判定するセンサーを開発したと6日に発表した。自動運転と手動運転の安全な切り替えやドライバーの状態に合わせた車の制御をするため、カメラで撮影した映像からAI技術によりドライバーが運転に適した状態かをレベル分けして判定する。2019〜2020年に発売される自動運転車などへの採用を目指す。

時間によって変化する情報を認識することは、AIが苦手としている分野。特に人間の動作のような高次元の情報の認識は実現できていなかった。今回、独自の画像認識技術と改良したAI技術を組み合わせることで、ドライバーの状態をリアルタイムに高い精度で認識することを実現した。手のひらサイズのカメラ1台で判定でき、ネットワークへの接続は不要。これによって、ドライバーの居眠り、脇見、スマートフォン操作などの動作を判定し、ドライバーの異常時には車を安全に停車させることなども可能だという。

AIで運転手の集中力判定、オムロンが車載センサー開発
[画像提供:オムロン]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

NEWSALT

最新記事 by NEWSALT (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る