AIで運転手の集中力判定、オムロンが車載センサー開発

オムロンが最先端の人工知能(AI)技術を利用して、ドライバーの運転に対する集中度を判定するセンサーを開発したと6日に発表した。自動運転と手動運転の安全な切り替えやドライバーの状態に合わせた車の制御をするため、カメラで撮影した映像からAI技術によりドライバーが運転に適した状態かをレベル分けして判定する。2019〜2020年に発売される自動運転車などへの採用を目指す。

時間によって変化する情報を認識することは、AIが苦手としている分野。特に人間の動作のような高次元の情報の認識は実現できていなかった。今回、独自の画像認識技術と改良したAI技術を組み合わせることで、ドライバーの状態をリアルタイムに高い精度で認識することを実現した。手のひらサイズのカメラ1台で判定でき、ネットワークへの接続は不要。これによって、ドライバーの居眠り、脇見、スマートフォン操作などの動作を判定し、ドライバーの異常時には車を安全に停車させることなども可能だという。

AIで運転手の集中力判定、オムロンが車載センサー開発
[画像提供:オムロン]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

NEWS SALT

最新記事 by NEWS SALT (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 海外駐在員生活費ランキング 東京が3位に アンゴラのルアンダが1位
    米国の人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が21日に発表した、世界の都市ごとの駐在員の生…
  2. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  3. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る