DeNA、横浜・金沢動物園で自動運転バスの試乗会

DeNA、横浜・金沢動物園で自動運転バスの試乗会

DeNAは27、28日、自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」の一般向け試乗イベントを横浜市金沢区の金沢動物園で開催する。横浜市内で自動運転車を用いたデモンストレーションや実証実験を進め、まず私有地などでの実用化を目指す。

Robot Shuttleは仏メーカー製の電気自動運転バスで、運転席がなく、最大12人が乗車可能。あらかじめ設定したルートの上を各種センサーと全地球測位システム(GPS)を使って自動走行する。2016年7月からDeNAが日本国内へ導入し、イオンモール幕張新都心、田沢湖畔、九州大学伊都キャンパスなどでの走行実績がある。

試乗会は、同社が取り組む「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」の一環。高齢化やニュータウンの老朽化などにより交通弱者の増加が予測される地域交通の課題を、無人運転などの先端技術の活用によって中長期的に解決することを目的としている。

金沢動物園での試乗イベントは27、28日の午前10時~午後3時に行う。試乗は無料だが、同園への入場料は別途必要。雨天中止。

【施設情報】
金沢動物園
横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/
TEL:045-783-9100
開園時間:9:30~16:30(月曜・年末年始休園)

画像提供:DeNA

参考記事
DeNAとイオン、幕張新都心で無人運転バスの試験運行開始(2016/08/02)
NTTドコモなど、九州大学で自動運転バスの実証実験を開始へ(2016/12/15)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る