IBM コンサルティングに人工知能「ワトソン」を活用

米IBMは6日、人工知能コンピュータのワトソン(Watson)などを活用した企業コンサルティングを手がける組織を立ち上げることを発表した。組織には、機械学習や高度解析技術、データサイエンスなどの専門コンサルタントを2000人以上集結させる。

IBMの人工知能領域はコグニティブ(認知)コンピューティングと称し、自然言語処理技術や機械学習に強みを持つ。日本では、ソフトバンクの感情認識ヒューマノイドロボット ペッパー(Pepper)や、みずほ銀行のコールセンターの対応に導入され始めている。2018年までには、米国の消費者の半数が同技術を利用している状態を目指す。

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 海外駐在員生活費ランキング 東京が3位に アンゴラのルアンダが1位
    米国の人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が21日に発表した、世界の都市ごとの駐在員の生…
  2. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  3. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る