iPhone大国日本、シェア66.2%に 世界40カ国で調査

アウンコンサルティングは18日、今年2月時点でのスマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果を発表した。日本のシェア率は、基本ソフト(OS)はiPhoneに入っているアップルのiOS、機種はアップル製のものがともに66.2%となった。昨年に続き、世界40カ国・地域中アップルのシェアが最も高い国であることが分かった。

日本ではiOSの次にシェアの大きいOSはアンドロイド(33.1%)、機種では「不明(測定不可)」が24.1%となった。

世界各国の状況を見ると、OSは31カ国でアンドロイドのシェアが国内トップとなり、そのうち24カ国でシェア率が60%以上だった。一方、iOSのシェアが国内トップとなった国は、米国(シェア率51.0%)、カナダ(同54.1%)、オーストラリア(同57.7%)、英国(同45.7%)、スイス(同58.7%)、デンマーク(同59.7%)、スウェーデン(同53.5%)、ノルウェー(同50.5%)、日本の9カ国だった。機種は、22カ国でサムスンがトップ、17カ国でアップルがトップだった。

アウンコンサルティングは昨年の調査時に、日本のiPhoneシェアが高い背景として、「日本の各携帯会社がiPhoneの料金プランを割安にする販促プランを打ち出したことや、アップルのブランディング戦略が功を奏した結果であると考えられる」と分析しており、その状況が引き続き見られる結果となった。

一方、日本のスマートフォンの使用率(普及率)は54.0%と、他の主要国に比べて低くなっており、全体人口比におけるiPhone普及率はオーストラリアや北欧諸国の方が高い計算となる。

同調査はブラウザ統計サイト「StatCounter」に基づいて行った。スマートフォン普及率はグーグルの「消費者バロメーター」より。

 
参考記事:日本はiPhone大国 世界40カ国スマホのシェア調査


The following two tabs change content below.

平井 明

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る