「はやぶさ2」、両舷前進強速。進路、地球スイングバイ回廊!

 小惑星探査機「はやぶさ2」は、2014年12月3日に鹿児島県の種子島より打ち上げられた後、約3ヶ月に渡って搭載機器の初期機能確認を実施。3月2日にすべて無事に完了し、いよいよ3日から目的地である小惑星1999 JU3に向けた航行段階に入った。3日14時(日本時間)時点で、はやぶさ2は地球から3590万km離れた空間を秒速27.36kmで航行中。本年11月から12月に地球重力を利用した加速「スイングバイ」を予定しているため、2台のイオンエンジンで2回に分けて合計約600時間加速する。
 はやぶさ2のプロジェクトマネジャーである国中均教授は、「すべての関係者の皆さまに感謝申し上げるとともに、運用に携わるメンバー全員、改めて気を引き締めて臨んでまいります。その気持ちを次の言葉に込めたいと思います。『武運を信じ、いざ深宇宙動力航行に挑まん。両舷前進強速。進路、地球スイングバイ回廊。』」とコメントした。

画像提供:JAXA


The following two tabs change content below.

天本 レオ

航空宇宙工学科卒業。サイエンスライターとして、宇宙をはじめとした科学全般の話題から、読者の「!」な記事を提供していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る