イチジクのゲノム解読に成功 雌雄株の判別が容易に

世界で初めてイチジクのゲノム解読に成功 福岡県

かずさDNA研究所、福岡県農林業総合試験場、九州大学は、イチジクのゲノム配列の解読に成功したと発表。研究成果は1月25日に英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された。今後は果実の大きさや甘さ、病害耐性などを改良した品種の育成が期待される。

解析したのは、日本最古のイチジク品種「蓬莱柿ほうらいし」のゲノムで、約3万6000個の遺伝子の塩基配列が決定された。また、雌雄株の決定に関わる遺伝子候補を同定し、DNAマーカーを開発したことで、イチジクの雌株と雄株を識別できるようになった。イチジクの果実樹のうち、食べることのできる果実ができるのは雌株のみだが、外観で雌雄を判別するのは難しいため、従来は2~3年かけて結実する果実を採取して観察する必要があった。

今後、ゲノム配列や遺伝子情報に基づく交配・選抜により、品種の開発期間が半分程度に短縮されることが期待されるという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

松本 道央

根っからの九州男児。九州、日本のいいところを見つけて発信していきます。 天気のいい日は、愛車でサイクリングに出かけるのが好き。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る