東京医科歯科大とP5、遺伝子情報解析で予防医療

東京医科歯科大学は5日、ソニー、エムスリー、米イルミナ3社の合弁会社であるピーファイブ(P5)と遺伝子情報のデータ解析を用いた予防医療事業の試験運用を10月から開始すると発表した。サービス提供は、同大の医学部付属病院に2015年1月に設置された「長寿・健康人生推進センター」で2016年度中に本格運用する。

同大とソニーが開発した「ゲノム情報解析アルゴリズム」というデータ解析技術では、個人の遺伝子情報を解析し、対象となる疾患の発症リスクを予測し、薬剤投与の際の反応を予測することも可能にする予定。なお遺伝子医学の知見については同大が2013年4月に設立した「疾患バイオリソースセンター」が主導している。

試験運用に成功すれば、遺伝子検査、健康診断、医師の個別対応フォローまでを同病院内で実施でき、効果的な予防医療となる。

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る