東京医科歯科大とP5、遺伝子情報解析で予防医療

東京医科歯科大学は5日、ソニー、エムスリー、米イルミナ3社の合弁会社であるピーファイブ(P5)と遺伝子情報のデータ解析を用いた予防医療事業の試験運用を10月から開始すると発表した。サービス提供は、同大の医学部付属病院に2015年1月に設置された「長寿・健康人生推進センター」で2016年度中に本格運用する。

同大とソニーが開発した「ゲノム情報解析アルゴリズム」というデータ解析技術では、個人の遺伝子情報を解析し、対象となる疾患の発症リスクを予測し、薬剤投与の際の反応を予測することも可能にする予定。なお遺伝子医学の知見については同大が2013年4月に設立した「疾患バイオリソースセンター」が主導している。

試験運用に成功すれば、遺伝子検査、健康診断、医師の個別対応フォローまでを同病院内で実施でき、効果的な予防医療となる。

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る