歯石に含まれた古代DNAから描かれる、ネアンデルタール人の暮らし

歯石に含まれた古代DNAから描かれる、ネアンデルタール人の暮らし

ネアンデルタール人の行動、食事、疾患などがDNA解析によって明らかになった。今回、オーストラリア・アデレード大学のローラ・S・ウェイリッチ氏らの研究チームが、ネアンデルタール人の歯石標本(5点)から採取した古代DNAを解析し、ネアンデルタール人の地域差による特徴を英科学誌『ネイチャー』オンライン版で8日に発表した。

ネアンデルタール人と現代人との間に複数の相互作用があったことが最近のゲノムデータから明らかになっているが、これまでネアンデルタール人の行動や食事、疾患に関して遺伝子に基づく証拠はほとんどなかった。

ベルギーのスピ洞窟のネアンデルタール人の食生活は肉中心で、草原の毛深サイや野生の羊のDNAが検出された。一方、スペインのエル・シドロン洞窟のネアンデルタール人から肉は検出されず、キノコや松の実、苔を食べていたことが分かった。食餌の違いは、口腔内の細菌コミュニティ(微生物叢びせいぶつそう)と関連しているほか、肉食がネアンデルタール人の微生物叢内に大きな変化を与えていたことが示された。

また、スペインのネアンデルタール人からは歯周病の病原菌と慢性胃腸炎の病原菌が見つかった。あわせて、天然の鎮静剤であるポプラ(アスピリンの有効成分であるサリチル酸を含む)やアオカビの一種であるペニシリウム属菌類(抗生物質を産生する)のDNAも見つかった。治療効果を期待して自己投薬をしていた可能性がある。

また、この個体からは、歯周病を引き起こす古細菌共生菌のほぼ完全なゲノムを同定することもできた。この細菌は約4万8000年前のもので、これまでに同定された最古の微生物ゲノムとなった。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

天本 レオ

航空宇宙工学科卒業。サイエンスライターとして、宇宙をはじめとした科学全般の話題から、読者の「!」な記事を提供していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る