熊本地震で一時的に温泉が止まった原因判明 九州大学

熊本地震で一時的に温泉が止まった原因判明 九州大学

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の辻健准教授らの研究グループは、熊本県阿蘇市の阿蘇内牧温泉が昨年4月の熊本地震の影響で一時的に止まっていたのは、枯渇ではなく、地下における地層の水平方向の滑りが原因だったことを明らかにした。同大学のサイトで21日に公開した研究成果は、20日付の英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』に掲載された。

研究グループは、まず衛星データを使い、内牧温泉周辺の変動を調査。水平距離で約2kmにわたる地域が北西方向に1.5mほど移動していたことが明らかになった。同グループによると、この変動はこれまで知られている断層運動では説明がつかないという。

また、地震によって温泉が止まった井戸に特殊カメラを入れて観察したところ、深度50m付近で井戸が変形していたほか、掘削装置が深度50mで曲がるなどさまざまなデータから地下で生じた変動を直接観測した。当初、温泉が止まった現象は枯渇によるものだと考えられていたが、今回の調査から、深度50mの地層で生じた液状化による変動の影響で井戸が破壊されたことで生じたものだと判明。実際に温泉が止まった井戸の横を掘ってみると、温泉が湧き出てきたという。研究結果のメカニズムによって、一部の井戸で自噴したことや温泉周辺で見られた大きな亀裂の原因の説明がつくとしている。

画像提供:九州大学

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

水野 拡哉

22歳、現役理系単科大学学生ライター。岩手県出身、元高校球児。現在、大学では五感の刺激が与える脳の影響について研究をしています。長所はチャレンジ精神があり、短所は要領が悪いです。脳、スポーツを主軸に記事を書いていて、人々に健康という幸せを提供したく、ヘルス記事も書いてます。

ピックアップ記事

  1. iPhone大国日本
    アウンコンサルティングは17日、スマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果…
  2. 第15回聞き書き甲子園フォーラム開催 “名人”の人生写し取る 高校生の「聞き書き甲子園」
    高校生が、森、川、海と関わるさまざまな職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をして、知恵や技術、…
  3. 米株式週報 利上げと原油安により大幅下落
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 3月20~24日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る