福島第一3号機、ミュオン測定で燃料デブリ撮影

福島第一3号機、ミュオン測定へ

東京電力ホールディングスは24日、福島第一原子力発電所3号機の溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の位置を把握するため、宇宙線「ミュオン(ミュー粒子)」を用いた測定を行うと発表した。4月下旬に測定装置を設置し、5月から数カ月程度かけてミュオン測定を実施するという。原子炉圧力容器の全体を測定範囲にとらえられる見込み。

ミュオンは原子炉建屋も透過するため、X線でレントゲン写真を撮影するのと同様に炉心や圧力容器底部の燃料デブリを撮影することができる。これまで1号機と2号機でもミュオン測定が行われており、1号機では圧力容器下部から格納容器下部に燃料デブリが溶け落ちていること、2号機では燃料デブリの大半が圧力容器底部にあることが判明した。

3号機の燃料デブリについては、一部が格納容器下部に溶け落ちていると推測されているが、状況はよく分かっていない。

画像提供:東京電力ホールディングス

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

天本 レオ

航空宇宙工学科卒業。サイエンスライターとして、宇宙をはじめとした科学全般の話題から、読者の「!」な記事を提供していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る