自閉症児に特徴的な色彩感覚 京大が確認

自閉症児に特徴的な色彩感覚 京大が確認

京都大学とフランスの研究チームは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の男児の色彩感覚について調査し、ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることを明らかにした。12月23日、スイスの学術誌『フロンティア・イン・サイコロジー(Frontier in Psychology)』に掲載された。

ASDには、コミュニケーションの不得手や興味関心が極端に限られているなどの傾向があることが知られている。また、一般的に騒音とされない程度の音に対してうるさく感じられたり、わずかな皮膚接触でも痛みを覚えたりする「知覚過敏」の傾向もあると考えられている。研究グループは、知覚の中でも「色彩」に着目。ASD児の色彩感覚について体系的な調査を行った。

そこで研究グループは、レンヌ在住で4~17歳のASDの男子29人と、同年齢で特に障害の認められない38人の男子を対象に、色の好みについて比較した。実験に用いた色見本は、赤、青、黄、緑、茶、ピンクの6色で、各色の「好感度(好みの程度)」を数値化した。

その結果、2つのグループともに一番好まれる色は赤と青だった。一方、2つのグループを比較した時に、ASD児では黄色が好まれず、反対に緑と茶の好感度が高くなることが確認された。これは黄色があらゆる色の中で、もっとも輝度(明るさの程度)が大きく、生理的に刺激の強い色彩であることと関係していると考えられるという。

研究グループは、街頭の広告や看板には目を引く(刺激の強い)色が使われている例が多いが、生活環境を整える上で色彩の面も配慮することで、ASD児へのストレスを軽減できる可能性があるとしている。

(写真はイメージ)
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

前野 美月

東京工業大学卒。データ解析。Macbook Airと無印のノートをいつも持ち歩く。気分転換は料理、スポーツ、銭湯に行くこと。

ピックアップ記事

  1. 横浜山手西洋館ベーリック・ホール 「ひいなの遊び」20日まで開催
    横浜・山手地区に佇む西洋館の1つ、ベーリック・ホール(横浜市中区)では、ひな祭りにちなんだ装飾を楽し…
  2. 奄美群島国立公園
    鹿児島県の奄美群島が7日、国内で34カ所目の国立公園に新たに指定され、「奄美群島国立公園」が誕生した…
  3. 花粉症の人にはつらい季節がやって来た。ちょうどピークを迎えようとしているスギ、ヒノキ花粉症の人は、日…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る