霊長類の色覚は顔色を見分けるのに有効 九大などが証明

霊長類の色覚は顔色を見分けるのに有効 九大などが証明

霊長類が持つ色覚は、顔色の変化を見分けるのに適していることを九州大学などの共同研究グループが証明した。進化の過程でこのような色覚の特性を獲得したことによって、ヒトはわずかな顔色の変化から感情や健康状態を察知できるようになったと考えられる。14日、学術誌『英国王立協会紀要』オンライン版に公開された。

多くのヒトは、眼球の奥に位置する網膜に、赤、緑、青に反応する3種類の細胞を持っており、この3色の組み合わせでさまざまな色を知覚している。3色型色覚は、緑の葉の中から赤い果実や若葉を見つけるのにより適しているため、2色型色覚から進化したと考えられている。しかし、霊長類の行動や生態学的意義と照らし合わせると、顔色の変化を見分けることも3色型色覚が有効な場面として挙げられていた。

そこで研究グループは、繁殖期に顔が赤くなるアカゲザルの写真を使って、霊長類の3色型色覚が顔色の変化を捉えるのに適しているかを調べた。ヒト参加者60人に、色の見え方を変えた写真を見せて、アカゲザルのメスの繁殖期と非繁殖を見分られるかテストをした。その結果、霊長類が持っている3色型の色覚は、2色型や他の3色型よりも顔色の変化をよく見分けられることが明らかになった。ヒトが顔色から感情や健康状態などの情報を読み取ることができるのは、霊長類が持つ色覚特性によるものだと考えられるという。

今後、霊長類の進化のどの段階で色の変化が感情や状態の伝達に使われるようになったかなど、霊長類の色覚の進化の過程に迫ることが期待される。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

前野 美月

東京工業大学卒。データ解析。Macbook Airと無印のノートをいつも持ち歩く。気分転換は料理、スポーツ、銭湯に行くこと。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る