高エネルギー宇宙線観測で、暗黒物質(ダークマター)の正体に迫る

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と早稲田大学は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」モジュールの船外実験プラットフォームに「高エネルギー電子、ガンマ線観測装置(CALET)」を設置し、宇宙を飛び交う高エネルギーの宇宙線(電子やガンマ線、陽子・原子核成分)のエネルギー量とその種類や飛来方向の高精度測定を、世界に先駆けて開始したと22日に発表した。

CALETを用いた観測で、
(1)高エネルギー宇宙線の起源と加速のしくみ
(2)宇宙線が銀河内を伝わるしくみ
(3)暗黒物質(ダークマター)の正体
などの「宇宙の謎」の解明を目指す。

CALETは、今年8月に「こうのとり」5号機で種子島宇宙センターから「きぼう」に運び込まれた。その後、観測機器の初期検証作業を終え、現在は検出データの較正・検証作業を進めている。この初期検証段階で、すでにテラ電子ボルト(TeV:1兆電子ボルト)領域の電子候補が観測されている。

CALETのデータの較正・検証作業後、定常観測に移行し、2~5年にわたる観測で高エネルギー宇宙現象の解明を目指す。

画像提供:JAXA


The following two tabs change content below.

天本 レオ

航空宇宙工学科卒業。サイエンスライターとして、宇宙をはじめとした科学全般の話題から、読者の「!」な記事を提供していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る