「健康県」、男女ともに長野が1位 厚労省調査

日本一死亡率が低い県は? 男女とも長野

厚生労働省は14日、人口10万人当たりの年間死亡者数を示す2015年版「年齢調整死亡率」を発表。今回は男性486.0(前回比58.3ポイント減)、女性255.0(同20.0減) で、死亡状況は改善された。都道府県別では、男女ともに最高が青森で、最低が長野だった。長野は男性が6回連続、女性は2回連続で「全国一の健康県」となった。一方、青森は前回に続いて男女の死亡率が全国最高だった。

年齢調整死亡率は、年齢構成をそろえた場合の人口10万人当たりの年間死亡者数を示すもの。1960年から人口動態統計をもとに国勢調査がある5年ごとに算出しており、今回が12回目。


(厚労省「2015年 都道府県別年齢調整死亡率の概況」より)

全死因における都道府県別の年齢調整死亡率を男女別に見ると、男性では最も低かったのが長野で434.1人、次いで滋賀が437.9人、奈良が452.9人だった。最も死亡率が高いのが青森で585.6人、次いで秋田540.3人、岩手522.5人と東北地方が死亡率の高位を占めていた。また女性では、最低が長野の227.7人、次いで島根236.9人、岡山238.4人だった。最も高かったのが男性と同じく青森で288.4人、2位が福島275.7人、3位が茨城273.8人だった。


(厚労省「2015年 都道府県別年齢調整死亡率の概況」より)

また、死因別ではがん、心疾患、脳血管疾患の三大要因による死亡率は、いずれも前回より低下した。詳細な結果は厚生労働省のホームページから確認できる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る