「日本の工芸を100年残す」 産地企業12社が協会設立

「日本の工芸を100年残す」 産地企業12社が協会設立

日本の伝統工芸産地の活性化を目的とした「日本工芸産地協会」が2月1日に設立し、設立会見が1日、パレスホテル東京(東京都千代田区)で開かれた。工芸および工芸産地のPR活動や協会会員企業間での情報共有等を通して工芸産地の活性化を進め、「地域創生」「産業観光」「産地存続」へとつなげていくという。

同協会には日本各地の工芸産地企業12社が参加。今後、1産地1企業を前提として、参加企業を増やしていく予定だ。代表理事・会長には1716年創業の麻織物製造販売を営む老舗「中川政七商店」代表取締役の中川政七氏が就任した。

同協会のコンセプトは「産地の一番星が産地の未来を描く」。カンファレンスと勉強会を年1回開催していく予定だ。第1回カンファレンスは5月19日に鋳物メーカー能作の新本社(富山県高岡市)にて実施する。

協会設立について、理事・副会長の能作克治氏は「伝統産業の産地には組合が多いが、横のつながりが弱かった。今回は他産地との横のつながりを個人単位で持つことで、異なる考え方を取り入れ合い、切磋琢磨していこうとする点が新しいと思う」と述べた。

現在の参加企業は以下の12社。

及源鋳造(岩手県奥州市)
飛騨産業(岐阜県高山市)
玉川堂(新潟県燕市)
保志(福島県会津若松市)
菅原工芸硝子(千葉県九十九里町)
マルヒロ(長崎県波佐見町)
中川政七商店(奈良県奈良市)
山口陶器(三重県菰野町)
中村節郎石材(香川県高松市)
山口工芸(福井県鯖江市)
能作(富山県高岡市)

「日本の工芸を100年残す」 産地企業12社が協会設立
理事・副会長の能作克治氏

[冒頭の写真]署名捺印した連判状を持つ中川氏(中央)他、協会理事

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る