「暑さ」とも戦う女子就活生へ 就活メイクや暑さ対策商品を各社展開

「暑さ」とも戦う女子就活生へ 就活メイクや暑さ対策商品を各社展開

1日に大手企業の採用面接が解禁。就職活動の山場を迎える就活生を対象に、企業の商品開発や取り組みも多様化している。

化粧品会社では、自社のホームページ内に就活生向けのサイトを特設し、面接時の身だしなみや、より良い印象を与える化粧や髪形などに関する情報を提供している。

化粧品大手の資生堂では特設サイト「就活メーク」内で、就活向けの化粧方法を写真と動画で紹介。夏の時期を踏まえた化粧崩れ対策メイクの方法や新卒採用担当者へのインタビューなど、女子就活生向けのコンテンツが充実している。

花王ソフィーナも就活生向けサイトを公開。化粧方法はもちろん、顔に髪がかからない、まとまりのよい髪型の作り方などを提案しているほか、自分の顔写真を読み込むとメイクの好印象度の診断ができるiPhoneアプリ「就活メイク診断」も開発している。

紳士服大手のAOKIでは、マイナビが運営する「マイナビスチューデント」とのコラボ企画で「究極の就活スーツ」を共同開発した。就職活動生の生の声を商品企画に反映しており、伸縮性に優れたストレッチ素材や太陽光の熱線をはね返す熱ブロック加工を採用。さらに自宅の洗濯機で洗える仕様だという。

また、カタログ通販のフェリシモは、自社メディア「オシゴト女子研究所」で女性の夏の悩みについてアンケート調査を実施。(対象:全国891人の女性)。1日に発表した調査結果によると、「夏に一番対策したいことは?」という問いに対して、1位は「汗」48.8%で、次に「紫外線」28.1%、「ニオイ」21.8%と続いた。汗対策については、制汗剤やパウダーシート、通気性や急乾、速乾など機能衣服で対策をする人が多かったという。

街中のドラッグストアでは、店頭入り口の目立つスペースに、制汗剤やまとめ髪用のヘアワックス、衣類に直接スプレーするタイプの冷却用品など、暑い気候の中での就職活動向きの商品がディスプレイされていた。就活生には熱中症対策にも気を付けながら、最後まで力を出し切って活動してほしい。

「暑さ」とも戦う女子就活生へ 就活メイクや暑さ対策商品を各社展開

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る