「猫」のつく名字、1位は「猫田」 全国で270人

名字・名前情報のシステムなどを手がけるリクルーティングスタジオ(千葉県市川市)は17日、同社が運営するサイト「名字由来net」で、日本全国の「猫」の字のつく名字ランキングを発表した。1位は「猫田」、2位は「猫塚」、1位、2位ともに、全国にいる人数はそれぞれ270人のみである。3位は「猫本」となった。

1位の「猫田」(読み方は「ねこた」または「ねこだ」)のルーツは、滋賀県で、福岡県、滋賀県、広島県に多い。2位の「猫塚」(ねこづか)はアイヌ語で「川の跡の上」を表す言葉が訛ったものとされ、岩手県に多い。3位の「猫本」(ねこもと)は、広島県を中心に全国に約160人いる。

4位~10位は以下の通り。

4位 猫宮 約130人
5位 猫島 約80人
6位 猫崎 約60人
7位 猫山 約50人
8位 猫西 約40人
9位 猫沖 約40人
10位 猫石 約30人

ちなみに、同サイトによると、今年の干支の動物である「猿」がつく名字の1位は「猿渡」で、全国に約1万2900人いる。これらに比べると、「猫」のつく名字の人は少ないといえる。「ねこ」には「根元や、そば、かたわら」「ねこの額ほどの土地」という意味があるという。