「第4次産業革命」 なくなる業務・創出される業務 WEFレポート

「第4次産業革命をマスターする」をテーマに20~23日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)がスイス東部のダボスで開催された。人工知能や機械学習、ロボット工学、ナノテクノロジー、3Dプリンター、遺伝学、バイオテクノロジーなどの台頭による「第4次産業革命」が、労働市場に大きな混乱をもたらすとするWEFのレポート「職の未来」が18日に公表された。

レポートでは、全世界の労働人口の65%に当たる約19億人の労働者を抱える世界15の国と地域で、2020年までに710万人が職を失い、200万人の新たな雇用が創出されると試算している。失われる職の3分の2は、事務や管理といった定型のホワイトカラー業務に集中している。一方、新たに創出されるのはコンピュータ、数学、建築、エンジニアリングに関連する分野の職業だ。

多くの業界で、最も需要の高い職種や専門分野は、10年前あるいは5年前ですら存在しておらず、変化のペースはますます加速している。米国デューク大学のキャシー・デビッドソン教授が、「2011年度に米国の小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今はまだ存在していない職業に就くだろう」と述べたのは有名な話だ。同じ位置にとどまり続けるのではなく、向上心を持って日々挑戦していくことが求められている。

(画像提供: World Economic Forum)
 

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

天本 レオ

航空宇宙工学科卒業。サイエンスライターとして、宇宙をはじめとした科学全般の話題から、読者の「!」な記事を提供していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. iPhone大国日本
    アウンコンサルティングは17日、スマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果…
  2. 第15回聞き書き甲子園フォーラム開催 “名人”の人生写し取る 高校生の「聞き書き甲子園」
    高校生が、森、川、海と関わるさまざまな職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をして、知恵や技術、…
  3. 米株式週報 利上げと原油安により大幅下落
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 3月20~24日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る