デンソー、インフラ点検目的のドローン開発

デンソーはヒロボー(広島県府中市)と協力し、道路の橋などのインフラの点検に使用する産業用UAV(ドローン)を開発したと8日に発表した。

インフラ点検で求められる性能は、強風や雨中でも飛行できる対候性、構造物に接近して定位の姿勢に制御できる安全性、安全制御システムで運用できる安全性の3つ。今回、デンソーのセンサーと制御のエレクトロニクス技術、ヒロボーの無人ヘリコプターなどの機体開発力技術を組み合わせて完成した。今後、実証実験で機体の完成度を高めるとともに、インフラ点検のサービス開発を関連業者と共同で進める。

従来、インフラ点検は設置主の自主点検に任せられていたが、道路や橋の老朽化対策のため2018年から国が主導的に計画的な点検を実施する方針となっており、インフラ点検の効率化に向けたロボットの活用が求められていた。デンソーは、国が計画・推進するロボットを活用したインフラ点検の本格運用に合わせ、運用可能なシステムへの改良を目指すとしている。

デンソー、インフラ点検目的のドローン開発
UAV HDC01(開発コード)

デンソー、インフラ点検目的のドローン開発
橋の床版(しょうばん)への近接飛行
[画像提供:デンソー]

 
(冒頭写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

水野 拡哉

22歳、現役理系単科大学学生ライター。岩手県出身、元高校球児。現在、大学では五感の刺激が与える脳の影響について研究をしています。長所はチャレンジ精神があり、短所は要領が悪いです。脳、スポーツを主軸に記事を書いていて、人々に健康という幸せを提供したく、ヘルス記事も書いてます。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る