マイナンバー500万通超が返送、カードの申請率もわずか14%

10月下旬から配達を開始したマイナンバーの通知カードについて、日本郵便は不在などの理由で配達できず、全体の1割近くにのぼる500万通以上が差し出し主の自治体に返送されたと発表した。

また、人材サービスのVSN(東京都港区)は11月27~30日、全国の20~60代の男女1111人を対象にインターネットでマイナンバー対応に関する調査を実施し、8日に結果を発表した。マイナンバーの通知が届いて内容を確認した人は90.6%だが、そのうち、本人確認や住民票等のコンビニ取得に必要な個人番号カードの申請をした人は14.4%にとどまった。

マイナンバーのメリットとして感じるものは、「公的な身分証明書」が約4割と最多で、「住民票など各種証明書をコンビニなどで取得」の約2割が続いた。個人番号カードの交付申請をしていない人の約3割は「いずれ申請する予定」、ほぼ同数で「カードを作るメリットを感じない」と考えていることがわかった。

通知カードは郵便局を通じて簡易書留で送られ、受取人が不在で郵便局の保管期間が経過したり、住民票の住所から転居していたりした場合は、各市区町村に返送される。返送された通知カードは自治体で約3カ月保管され、受取人は窓口に直接取りに行く必要がある。運用開始の来年1月までにすべてのカードを配達できるのか、対応が急がれる。

(写真はイメージ)


The following two tabs change content below.

田中 陽子

編集プロダクションを経て、現在はフリー編集ライターを勤める。趣味は、歌う・走る・食べる。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る