リオ五輪 被災地の子供たちも開会式で元気に入場行進

ブラジル現地時間の5日に行われたリオデジャネイロオリンピックの開会式には、選手たちとともに世界20カ国100人の子供たちと現地の子供たちが参加した。オリンピック・オフィシャルパートナー企業である日本マクドナルド主催のプログラムの一環で、日本からも8人の子供が参加。その中には東日本大震災や熊本地震で被災した子供もいた。

2011年の東日本大震災が起こった当時5歳だった高田麻衣さん(宮城県気仙沼市)は小学3年生からバレーボールを始めた。地震の影響で生活状況は一変し、バレーボールの練習をする環境も制限されているが、震災からの復興するために“スポーツの力”を信じて一心不乱に練習に打ち込んでいる。

池本侑真くん(熊本県熊本市)は4月に起こった熊本地震を経験し、「今はじしんがとってもこわい」と、今でも続く余震に怯えている。池本くんはテニスをしており、将来は「せかいランク1位」を目指し、今回は錦織圭選手の試合を見るのを楽しみにしている。

40年来のオリンピック・オフィシャルパートナー企業であるマクドナルドは、食糧の提供のほか、子供たちが観戦・体験できるプログラム「マクドナルド・オリンピックキッズ」を2008年北京オリンピックから実施している。今回参加した8人はこのプログラム参加者で、4000通の応募から選ばれた。8月2~7日の間ブラジルに滞在し、開会式参加や競技観戦をした。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

松本 道央

根っからの九州男児。九州、日本のいいところを見つけて発信していきます。 天気のいい日は、愛車でサイクリングに出かけるのが好き。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る