南スーダン紛争の対立住民、野菜栽培で交流 JCCP

日本紛争予防センター(JCCP、東京都文京区)は、混乱の続く南スーダンの首都ジュバ市近郊にあるグンボ地区で、ジュバ市にもとから住んでいる住民と北部からの避難民が協働で野菜栽培を行う「サイエンス・クラブ」を設立することを、3月30日に発表した。戦闘の激しい北部から逃れてきた避難民と、ジュバ市の受け入れ側住民との間では日常的に紛争が起きている。相互交流を促進する仕組みとして当クラブを設立し、紛争の解決を目指す。

同クラブは、グンボ地区にある小学校を中心に、避難民と受け入れ側住民のそれぞれから子ども40人と保護者など40人の合計80人で組織する。JCCPは農地の整備や農具の配布などを行う。両者の交流の場を増やし、対話の機会を提供していく。

また同時に、参加メンバーに向けて「紛争管理」の研修を実施し、共同作業において偏見や誤解から生じる日常のトラブルを平和的に解決できるように導くとしている。

南スーダンは、2011年にスーダンから独立したが、2013年に内戦状態になった。2015年8月に和平合意に至ったが、その後も国内経済は回復していない。また、エルニーニョ現象などの影響で農産物が十分に収穫されておらず、食糧危機が深刻化している。

 
(画像提供:JCCP)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

平井 明

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

ピックアップ記事

  1. iPhone大国日本
    アウンコンサルティングは17日、スマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果…
  2. 第15回聞き書き甲子園フォーラム開催 “名人”の人生写し取る 高校生の「聞き書き甲子園」
    高校生が、森、川、海と関わるさまざまな職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をして、知恵や技術、…
  3. 米株式週報 利上げと原油安により大幅下落
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 3月20~24日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る