希少な楽器用木材に代わる国産木材を発表 京大

京大、絶滅危惧種の楽器用木材に替わる国産木材を提案

京都大学の村田功二講師らの研究グループは、希少な楽器用木材と近い音響特性を持つ木材を検討し、代替木材として使える可能性があることを明らかにした。代替木材でソリッドギターを試作しており、22日に大阪市で試奏会を開く予定。研究成果は、3月に福岡で開かれた日本木材学会大会で発表、運営委員長賞を受賞している。

楽器用材として従来用いられてきたマホガニーやローズウッドは、絶滅の恐れのある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の管理によって使用が困難になっており、その代替材を探す試みが各国で行なわれている。

研究グループは、国産広葉樹として資源量と安定供給の可能性から、国内で紙・パルプ用として植林されているシラカバ、ダケカンバや、国産早生樹として植林が始まっているセンダンを対象に選んだ。これらと楽器用材として利用実績がある木材と比較したところ、シラカバとダケカンバの音響特性がハードメイプルに近いことが分かった。また、センダンはマホガニーの音響特性に類似していた。音の伸びについては輸入材より多少劣っているが、熱処理によって改善される可能性も示唆された。

今回の研究に基づいて、ボディにシラカバ、ネックにダケカンバを用いたソリッドギターを試作しており、22日に大阪市のジャズライブバー コンテ・ローゼでギタリスト山口武氏による試奏会を行う予定。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る