汚泥で発電 東京センチュリーと月島機械が提携

リース事業大手の東京センチュリーは15日、環境装置メーカー大手の月島機械との業務提携を発表した。今回の提携で、下水処理で発生する汚泥を使用した発電事業に取り組む。

月島機械は発電や下水処理に強みを持つ。下水を浄化する際に生じる汚泥を処理する過程ではメタンガスが発生する。このメタンガスを使って、月島機械が製造する装置で発電する。

生み出した電気は電力会社に販売する予定だという。東京センチュリーは再生可能エネルギー事業を重要事業の1つとして位置付けており、月島機械の得意とする下水道分野で提携することによって、事業拡大を目指す。さらに、上下水道設備における官民連携事業と機器販売におけるサービス提供、リース販売などで事業拡大を図る。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

水野 拡哉

22歳、現役理系単科大学学生ライター。岩手県出身、元高校球児。現在、大学では五感の刺激が与える脳の影響について研究をしています。長所はチャレンジ精神があり、短所は要領が悪いです。脳、スポーツを主軸に記事を書いていて、人々に健康という幸せを提供したく、ヘルス記事も書いてます。

ピックアップ記事

  1. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  2. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…
  3. 米株式週報
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 6月19~23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る