災害「しのぐ」関東と「たえる」関西 防災のニーズに地域差

防災ニーズに地域差

読売広告社(東京都港区)が、関東と関西の地区別でマンションにおける防災・災害関連のニーズ調査の結果を9日に発表。関東では防災備蓄倉庫などの災害後をやり過ごせるよう「しのぐ」設備へのニーズが高かった一方、関西では免震・耐震構造など地震に「たえる」設備へのニーズが最も高く、関東と関西で防災・災害対策の必要性やニーズに地域差があることが分かった。

マンション契約者の防災・災害対策性能への必要性に対する回答では、首都圏は全体の78.5%が、関西では全体の85.3%が必要であると回答。関西が関東を上回った。

また、防災・災害関連の設備仕様への要望に関する質問では、首都圏が防災備蓄倉庫52.8%、非常用電源設備52.5%という「しのぐ」設備が上位2つとなったのに対し、関西では免震・耐震構造である「たえる」設備が85.7%と最も高い数値となった。

同社は「首都圏は2011年の東日本大震災時に停電や物資不足に悩まされたことが、関西は1995年の阪神淡路大震災で壊滅的な被害に遭ったことが、それぞれ防災・災害におけるニーズに違いを生んだ」とみている。

調査対象は2015年1月から2016年12月までに新築マンションを契約した本人、もしくはその配偶者600人。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る