環境省、海洋生物のレッドリストを新たに公表 56種が絶滅危惧

環境省、海洋生物のレッドリストを新たに更新

環境省は17日、海洋生物のレッドリストを新たに公表した。これまで生息状況を評価していなかった種について今回取りまとめた結果、56種が絶滅の恐れがあるとされ、1種はすでに絶滅したとしてリストに掲載された。

環境省版レッドリストは1991年に陸域と陸水域のレッドデータブックを作成して以来、内容を随時見直している。これまで海洋生物については一部の種以外の評価をしていなかったが、2012年度から、すでに評価している種や水産庁が資源評価をしている種以外の評価を実施。評価対象となったのは魚類、サンゴ類、甲殻類、軟体動物(頭足類)、その他無脊椎動物(宝石サンゴ、環形動物、腕足動物など)の5分類群。

今回、絶滅と判定されたのはオガサワラサンゴ。1935年に小笠原諸島父島で発見され新種として記録された後にインドネシアで報告されているのみで、日本国内では一度も生息が確認されていない。

56種の絶滅危惧種は、魚類で16種、サンゴ類で6種、甲殻類で30種、その他無脊椎動物で4種。南西諸島などの環境に生息するものが多かった。魚類では、水族館で飼育されることが多いシロワニ、レジャーダイビングで観察の機会が多いタマカイ、カンムリブダイなどが含まれる。

今回情報不足と判定された種が224種あり、掲載種全体の約半分を占めており、今後の調査による情報の蓄積が求められる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る