羽田-米国便、昼間時間帯に就航 日米航空当局合意

国土交通省は、16〜18日にかけて行われた日米航空当局間協議で、羽田空港の昼間時間帯に米国路線が就航する合意をしたと発表した。

現在、米国路線は深夜早朝時間帯(午後10〜午前7時)に1日8便(往復)の発着に限られており、昼間時間帯(午前6〜午後11時)には運航されていない。2016年10月末からの運航開始を目指し、昼間時間帯に1日10便を新たに開設し、深夜早朝時間帯は1日2便に減らして運航するとした。

東京オリンピックなどに向けた羽田空港国際線二次増枠分、昼間時間帯の運航を1日40便から1日80便へ増やし、対象をアジア長距離や欧米を含む高需要・ビジネス路線に拡大する取り組みの一環だ。

具体的な路線や運航会社については、日米それぞれの国内手続きを経て決定される。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る