路線バスで宅急便 ヤマト運輸と宮崎交通Win×Winの仕組み

ヤマト運輸(東京都中央区)は、宮崎交通(宮崎県宮崎市)の路線バスを利用した「客貨混載」宅急便輸送を、1日より開始した。岩手県に続く2例目となる。宮崎県山間部の一部路線にて、中央部分に宅急便用のスペースを確保した専用バスを3台走らせる。

宮崎交通は貨物の運送費によって、過疎化の進む地域の路線維持が可能となり、ヤマト運輸は拠点への往復が不要となることで集荷可能時間が延長できる仕組みだ。高齢化や過疎化が進む中山間地域などの課題解決、地域活性化の仕組みとして、今後の展開も期待される。

(写真はイメージ)


ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る