路線バスで宅急便 ヤマト運輸と宮崎交通Win×Winの仕組み

ヤマト運輸(東京都中央区)は、宮崎交通(宮崎県宮崎市)の路線バスを利用した「客貨混載」宅急便輸送を、1日より開始した。岩手県に続く2例目となる。宮崎県山間部の一部路線にて、中央部分に宅急便用のスペースを確保した専用バスを3台走らせる。

宮崎交通は貨物の運送費によって、過疎化の進む地域の路線維持が可能となり、ヤマト運輸は拠点への往復が不要となることで集荷可能時間が延長できる仕組みだ。高齢化や過疎化が進む中山間地域などの課題解決、地域活性化の仕組みとして、今後の展開も期待される。

(写真はイメージ)


ピックアップ記事

  1. iPhone大国日本
    アウンコンサルティングは17日、スマートフォンの「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」の調査結果…
  2. 第15回聞き書き甲子園フォーラム開催 “名人”の人生写し取る 高校生の「聞き書き甲子園」
    高校生が、森、川、海と関わるさまざまな職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をして、知恵や技術、…
  3. 米株式週報 利上げと原油安により大幅下落
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 3月20~24日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る