関西空港の外国人旅行客が1000万人を突破 過去最高を更新

関西国際空港を運営する新関西国際空港(4月より関西エアポートへ移管)は22日、2015年度の総旅客数・国際線旅客数・国際線外国人旅客数が4年連続で前年を上回り、過去最高を更新したと発表した。

総旅客数は前年度比20%増の2405万人で、過去最高の2058万人(2000年度)を大幅に上回った。また、国際線の外国人旅客数は過去最高の699万人(2014年度)から57%増の1100万人となり、1994年開港以来初1000万人を突破した。

また、法務省の出入国統計の発表によると、2月の関西空港の外国人入国者数は50万2699人となり、成田空港の49万8640人を上回った。

関西空港は、首都圏と比べて韓国や中国などアジア圏からの距離が近く、LCC路線も増加していることから、年々利用者は増加傾向にある。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る