関西空港の外国人旅行客が1000万人を突破 過去最高を更新

関西国際空港を運営する新関西国際空港(4月より関西エアポートへ移管)は22日、2015年度の総旅客数・国際線旅客数・国際線外国人旅客数が4年連続で前年を上回り、過去最高を更新したと発表した。

総旅客数は前年度比20%増の2405万人で、過去最高の2058万人(2000年度)を大幅に上回った。また、国際線の外国人旅客数は過去最高の699万人(2014年度)から57%増の1100万人となり、1994年開港以来初1000万人を突破した。

また、法務省の出入国統計の発表によると、2月の関西空港の外国人入国者数は50万2699人となり、成田空港の49万8640人を上回った。

関西空港は、首都圏と比べて韓国や中国などアジア圏からの距離が近く、LCC路線も増加していることから、年々利用者は増加傾向にある。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


ピックアップ記事

  1. 海外駐在員生活費ランキング 東京が3位に アンゴラのルアンダが1位
    米国の人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が21日に発表した、世界の都市ごとの駐在員の生…
  2. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  3. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る