5月29日は「幸福の日」 幸福度ランキング1位は? ブータンは?(前編)

5月29日は、5(コー)2(フ)9(ク)で「幸福」の日だ。さて、「幸福な国」かどうかを測る調査結果は世にいくつか存在するが、国民の幸福度とはどのように測られているのだろうか? いくつか取り上げて比較してみたい。

<国連の世界幸福度報告書>

1つ目は、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(UN SDSN)」が、3月20日の「国際幸福デー」に先がけて3月16日に発表した4回目の「世界幸福度報告書(World Happiness Report)」。同報告書によると、幸福度トップ3はデンマーク、スイス、アイスランドとなり、昨年同様、北欧諸国がみな上位10位にランクインした。日本は前回の2015年より7つ順位を落として53位だった。

同報告での幸福度は、(1)1人当たり国民総生産(GDP)、(2)健康寿命、(3)社会的支援、(4)人生の選択の自由、(5)寛大さ、(6)汚職が多いと感じるかの6つの指標を中心に算出している。(3)~(6)は、ギャラップ世論調査(Gallup World Poll)による電話または対面インタビューへの回答に基づいている。(3)社会的支援は、「もし困ったことがあったら、いつでも頼ることができる親戚や友人はいますか?」という質問への回答、(5)寛大さは、「最近1カ月間で、慈善団体に寄付したことはありますか?」という質問への回答をそれぞれもとにしている。

上位10位とその他主要国・地域の順位は以下の通り。(括弧内は幸福度と昨年の順位)

1位 デンマーク(7.526、3位)
2位 スイス(7.509、1位)
3位 アイスランド(7.501、2位)
4位 ノルウェー(7.498、4位)
5位 フィンランド(7.413、6位)
6位 カナダ(7.404、5位)
7位 オランダ(7.339、7位)
8位 ニュージーランド(7.334、9位)
9位 オーストラリア(7.313、10位)
10位 スウェーデン(7.291、8位)

13位 米国(7.104、15位)
16位 ドイツ(6.994、26位)
17位 ブラジル(6.952、16位)
22位 シンガポール(6.739、24位)
23位 英国(6.725、21位)
32位 フランス(6.478、29位)
35位 台湾(6.379、38位)
50位 イタリア(5.977、50位)
53位 日本(5.921、46位)
56位 ロシア(5.856、64位)
58位 韓国(5.835、47位)
75位 香港(5.458、72位)
83位 中国(5.245、84位)
118位 インド(4.404、117位)

最も幸福度が増加したのはニカラグア(前年比1.285増、146位)で、最も減少したのはギリシャ(同1.294減、129位)だった。

<ブータン独自の指標「国民総幸福量(GNH)」>

幸福度が高い国として、ブータンを連想する人が多いのではないだろうか。国連のランキングでは、ブータンは84位(幸福度5.196)となっている。ブータンが「幸福の国」として有名になったのは、主に1972年に当時の国王が「国民総幸福量(GNH)」という概念を提唱し、これを国の発展の指標としたことと、2005年の国勢調査で97%が自分が幸福だと答えたことによるものである。

この国勢調査については、「非常に幸せ(very happy)」「幸せ(happy)」「非常に幸せとはいえない(not very happy)」の3択で、前者2つを回答した人の合計が97%だったため、適切な統計方法ではなかったということが知られている。

ブータンの国立GNH研究所は2010年と2015年、方法を変えて調査をし直している。心理的幸福(生活の満足度、肯定的感情、スピリチュアリティ)、健康、時間の使い方、教育、文化的多様性、良い統治、共同体の活力、生態系の多様性、生活水準の9つの指標それぞれに「とても幸せ(Deeply Happy)」「まあまあ幸せ(Extensively Happy)」「少し幸せ(Narrowly Happy)」「幸せでない(Unhappy)」の4段階で回答させるという方法だ。全指標を合わせたとき、「とても幸せ」「まあまあ幸せ」に分類できる人は、2010年は40.9%、2015年は43.4%となった。GNHはこの割合と、「少し幸せ」「幸せでない」に該当する人がいくつの指標で「幸せ」を選んだかという値を合計したもので、1が最高値となる。2010年は0.743、2015年は0.756と算出された。これを見ると、確かに以前の調査での97%というのは大きく計算しすぎていたところがあるが、「不幸な国民」とまでは言えなさそうだ。

ただし、この値は他の国で同じように算出されているものではなく、広く比較できるような国際的指標とはなっていない。日本はこのブータンと比べて幸せな国なのだろうか? 比較が全く不可能かというとそうではない。

後編へ続く

参考記事
5月29日は「幸福の日」 幸福度1位は? ブータンは?(後編)(2016/05/30)
国連の幸福度ランキング、日本は46位 1位は? ブータンは?(2015/05/06)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

平井 明

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る