ご当地自慢を探せ!(16)バターブレッツェル(ドイツ)

【ご当地自慢を探せ!】バターブレッツェル(ドイツ)

外出時にお腹がすいた。しかし何かをゆっくり食べている時間がない。そんなとき、とっさに何を食べるのか?ミュンヘンを中心とするバイエルン州にいると、バターブレッツェルが選択肢の上位に入ってくる。

バターブレッツェルとは、その名のとおりバターとブレッツェル。輪形のパン、ブレッツェルをスライスし、バターを塗ってサンドイッチ状にしたものだ。最初に見た時は、3つの輪を重ねたような複雑な形をしたブレッツェルを、なぜわざわざスライスするのだろう?と疑問だった。しかし一度、バターブレッツェルを食べてみると納得できる。ブレッツェルのみっちりした質感と表面についた塩、それにバターの味が絶妙に合わさって、シンプルこの上ない組み合わせなのに満足度が高い。小麦粉とイーストで作られたブレッツェルの生地は、焼く前にラオゲン液と呼ばれる水酸化ナトリウムにつけられ、それが焼き上がったときに表面のつややかなこげ茶色と独特の香ばしい味わいを作り出す。

バイエルン州ではどこのパン屋にもあるブレッツェルと、バターを挟んだバターブレッツェル。バターの量も、こてこてにたっぷり塗ってあるのが特徴だ。

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

見市 知

ライター、ドイツ在住。著書に『ドイツで100年続くもの』、『ドイツ クリスマスマーケットめぐり』、『ベルリン 東ドイツをたどる旅』(いずれも産業編集センター刊)がある。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る