カフェめぐり こだわりの鶏舎直営店「Sweet eggs」

神奈川県相模原市の麻溝台地域では、古くから養鶏が盛んだ。鶏舎や直売所が点在する「たまご街道」にあるカフェ「Sweet eggs」。ここは養鶏場が併設している唯一のカフェだ。50年以上、ニワトリたちにとってストレスのない環境や水、餌にこだわり、卵黄の盛り上がり、輝き、卵白の弾力、甘みとコクのある卵を作っている。

店に入ると、プリンやシュークリーム、ケーキ、焼き菓子などの卵製品だけでなく、近隣で採れた野菜も並んでいる。自家製のプリンは、生プリン、甘さひかえめ、抹茶、ごま、さとうきび、和三盆と、種類が豊富。シュークリームは、平日120個、土日祝日240個の数量限定販売で、焼き上がりの時間になると行列ができる人気ぶり。

奥のカフェスペースでは、卵かけごはん、オムライス、エッグベネディクト、カルボナーラ、パンケーキ、シフォンケーキなど、卵料理の王道メニューが並び、卵好きは目移りしそうだ。また店内では、無料でゆで卵が食べられるうれしいサービスも。色鮮やかな卵は、格別の濃厚な味だった。モーニング、ランチ、カフェタイム、ディナーと、いつ行ってもさまざまな楽しみ方ができそうな店だ。

【店舗情報】
Sweet eggs
神奈川県相模原市南区麻溝台5-14-39
http://kokekoko.ocnk.net/
042-705-7313
営業時間:月曜9:30~18:00、火~金曜9:30~22:00、土日7:00~22:00

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

田中 陽子

編集プロダクションを経て、現在はフリー編集ライターを勤める。趣味は、歌う・走る・食べる。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る