カフェめぐり 表参道のモダン・ヌードル・ショップ CITYSHOP NOODLE

表参道のモダン・ヌードル・ショップ CITYSHOP NOODLE

東京・表参道、黒い壁に白い文字で「City Shop Noodle」と書かれた下に麺とお箸のイラスト、その下に漢字で小さく都市商店麺と書かれたこの店。外側だけ見ると表参道のお洒落な街並みの中に佇む、渋いラーメン屋なのかという印象を受ける。

表参道のモダン・ヌードル・ショップ CITYSHOP NOODLE

しかし、この店のコンセプトは「グルメヌードル」。鎌倉にある「邦栄堂製麺所」と共同で開発したというオリジナルのケール麺、玄米や大豆、こんにゃくを主原料としたグルテンフリー麺、そこにハーブソルトやアンチエイジングオイルなどを好みで合わせて和え麺にして提供する「モダン・ヌードル・ショップ」だ。

注文は、並んで目の前に並ぶヌードル、ヌードルの味、メインデリ、サラダデリ、トッピングをそれぞれ選び、ショーケースの向こう側の店員にプレートを作ってもらう仕組みだ。カスタムヌードルと2つのデリで税抜き1400円、3つのデリで1600円。デザートを頼む場合はこれらに加算される。

表参道のモダン・ヌードル・ショップ CITYSHOP NOODLE

ヌードルは普通の麺のほかに邦栄堂ケール麺、ライスヌードル、豆腐干糸など、健康やダイエットへの関心が高い人にヒットしそうなラインナップ。ヌードルの味は、オメガ3シーソルトやヴィーガン坦々、それにトムヤムやベトナミーズなどエスニックな味も選ぶことができる。デリは色とりどりの野菜を使用しており、ショーケースの中には花が活けてあるなど、見た目も美しく、選ぶのが楽しくなってくる。

表参道のモダン・ヌードル・ショップ CITYSHOP NOODLE

この日、筆者が選んだのは葱シーソルトで味付けたケール麺、蒸し鶏とキュウリのメインデリ、ナスのグリルとトマト、トッピングはネギやパクチー。プレートメニューにはランチタイムにセットドリンクがついてくるのが嬉しい。新鮮な調理したての野菜と、ケールを使った麺に箸が進み、明るい店内で話も弾む。カジュアルで気取らないこの店に、また親しい友人を連れて来てみたい。

【店舗情報】
CITYSHOP NOODLE
東京都渋谷区神宮前5-51-8
http://cityshop.tokyo/noodle
TEL:03-5778-4544
営業時間:11:30~22:00 (L.O. 21:30)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

ジャスミン・リー

生粋の日本人、東大卒。小さい時の夢は推理小説家だったが、今はまったく別の仕事で世界を飛び回り知見を広げている。ソルトでしか得られない情報を発信します!

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る