四国ローカル線の旅(2) 坊ちゃん列車で松山市内めぐり

松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市街地へ向かって歩き出す。一見、いたって普通の街並みのように見える松山市街。しかし、そこを走る坊ちゃん列車を目にすると、瞬間、古い時代に逆戻りしたかのような錯覚を覚える。

坊ちゃん列車は、伊予鉄道開業から間もない明治21年から67年にわたり活躍した蒸気機関車をモデルにした列車だ。現在はディーゼルエンジンで稼働しており、煙に見立てた蒸気を出しながら走る濃緑の車両は、夏目漱石の小説『坊ちゃん』の中で「マッチ箱のような」と形容されたように小さめでかわいらしい。休日は観光客で満員だった。

四国ローカル線の旅② 坊ちゃん列車で松山市内めぐり
道後公園の入り口

列車は市街地を抜け、新緑の美しい道後公園の前を通って、道後温泉まで走る。終着駅の道後温泉は、温泉街の雰囲気にぴったりの風情ある白い駅舎だった。

四国ローカル線の旅② 坊ちゃん列車で松山市内めぐり
クラシカルで趣ある道後温泉駅の駅舎

一方、坊ちゃん列車と同じ路線を走る従来型の列車もあるが、青い座席と木の床でこちらも趣があり、降りる時にベルを押すと「チーン」と心地よい音がした。

四国ローカル線の旅② 坊ちゃん列車で松山市内めぐり
松山市電の列車内の様子

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

碓井 弓

農学部出身。将来の夢は畑を耕して生きること。 Simple is best がモットー。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る