大倉山公園の梅林、見頃を迎える

大倉山梅林 アイキャッチ

東急東横線大倉山駅の改札を出て歩くこと7分、小高い丘の上にあるのは大倉山公園。その公園内にある大倉山梅林では、春の訪れを知らせる梅の花が見頃を迎えている。

11日時点では早咲きと中咲きの梅が満開になり、控えめで優しい香りが訪れた観光客を包んだ。池のほとりにある紅白の枝垂れ梅を前にして、とりわけ長い時間、その場に足を止めていた。

大倉山梅林 1,池のほとりの梅
手前が紅千鳥、奥が白滝枝垂

大倉山梅林 2,淡路枝垂
鮮やかな花を咲かす淡路枝垂

2月18日(土)、19日(日)には「大倉山観梅会」が開催される。ダンスや和太鼓など、様々なプログラムが二日間にわたって催される予定だ。入場無料で入場時間も制限がないので、自由に梅の花を楽しむことができる。

大倉山梅林 3,淡路枝垂アップ
梅は開花期間が長く、例年1月下旬から3月まで楽しめるのが特徴。

大倉山梅林 4,梅と小屋

撮影日:2月11日
撮影場所:横浜市港北区(大倉山公園)


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る