花便り番外編~ツクシ

花便り番外編~ツクシ

春の風物詩の代表ともいえる、ツクシ。都会では、それこそ見つけるのが大変だが、見つけたときには、まるで春を捕まえたかのように嬉しくなる。

ツクシは花、ではない。スギナ(杉菜)の一つの形態で、「胞子茎」という胞子を飛ばすためのもの。胞子を飛ばした後は枯れ、線状の葉をもつスギナが芽を出す。ツクシ(=スギナ)はトクサ科に属し、実はシダの一種。日本が原産とされるが、北半球の温帯地域に広がっている。

ツクシの名の由来はさまざまある。航路を示すくい澪標みおつくし」に似ていることから「つくし」となったという説、またスギナに付いている(地下茎でつながっている)から「付く子」となったという説、はかまと呼ばれる部分で継いでいるように見えるところから「継く子」になったという説、さらに、1日に1cm前後も突き伸びることから「突く突くし」となったという説など、数多い。別名も多く、つくづくし、つくしんぼ(つくしん坊)、筆の華、スギナのこ、ふでんこ等々。漢字では、その形状から「土筆」と書かれることが多い。

春の山菜として食用にもなり、油いためや佃煮、天ぷら、つくしご飯にしてもおいしい。食用には穂先が開く前の育ち過ぎていないものを使う。袴の部分を取り除き、あく抜きをしてから用いる。また、乾燥させたものは生薬の「問荊もんけい」として用いられ、利尿作用、止血作用、解熱作用がある。また近年では花粉症対策としても効果が期待されているようだ。

ツクシのように日々「突く突く」と成長して、春の訪れと共に向上していきたいものである。

花言葉:向上心、意外、驚き、努力

ツクシ(土筆):木賊とくさ科トクサ属の多年草

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る