花便り~オオイヌノフグリ

花便り~オオイヌノフグリ

道端や野原に”青い星”が散っているような光景を、昔はよく見かけたものだ。都心では探すのも一苦労だが。

オオイヌノフグリという、このコバルトブルーの小さな花はヨーロッパ原産。今では日本各地に自生しているが、日本に入ってきたのは明治時代といわれている。日本には元来、イヌフグリという同属の花があり、それよりも花が大きいことからオオイヌノフグリという名がついた。別名には、星の瞳、瑠璃唐草、天人唐草という可愛らしい名がある。

日が当たると花開き、日が沈むと花は閉じ、ほとんどの花は一日で落ちる。春に一斉に花をつけるが、春の終わりには花も終わり、種子のまま夏を過ごす。秋には芽を出し、冬、他の植物が眠っている間に地面に広がって育つ。

3月も後半に差し掛かり、あちらこちらで花を見かけるようになった。散歩をしながら、また通勤途中でも、コバルトブルーの星を探してみてはいかがだろうか。

花便り~オオイヌノフグリ

花言葉:信頼、神聖、清らか、忠実

オオイヌノフグリ:オオバコ科クワガタソウ属の越年草

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る